kei 「蜘蛛の糸Ⅱ」

2023年3月退職 後の生と死を「絵と言葉」で考えたい…4月からは「画家」か?「肩書を持たないただの人間」として生活していこうと考えています。

「不如意」

人は個人として生きている限りは自由だ…と思う

行きたいところに行ける 食べたいものを食べられる 

でも そうではない人もいることも 忘れてもいけない

「人は自由な生き物か?」と問われれば 私は「際の状況では違う」と答えるだろう

でもそれは 生きとし生けるもの全てに言えることだ

 

胃潰瘍で吐血し31歳で亡くなった北海道の天才画家 三岸好太郎の書簡にはこう書かれていた


「生きたくても死ななきゃならない。死にたくても生きなきゃならない。」

 

この論理からジャンプする方法論として「自殺」があるのでは? と思ったのは若い時

自ら死を選んだ者の中でも 生きたかった者がいるような気もする

今日のような明日 明日のような明後日 明後日のようなやの明後日が来る その後は休日2日が来て このサイクルで無自覚のまま生きている人にはピンとこないだろうが

三岸の言葉は 事故で落命しないかぎりは 

誰しも関係なく突き刺さって来る不可避の言葉だと私は感じる

それは絶望的な戦場に赴く兵士でさえ免れることができない

 

死ななきゃいけない。生きなきゃいけない。その時人は天を仰いで嘆くだろうか? 

でもそれはやっぱり「お門違い」というものだろう

人間の生の 肝心の部分は「不如意」に出来ており

異議を唱えても詮無いこと

 

人は自由だが 思うように生き 死ぬことができない

 

31年の生涯で これ程目まぐるしく変貌を遂げた画家は少ない 

最期はシュールリアリスムとなり ピンク色の夢の海岸で貝の夢を見ていた

kei

「FMラジオ」

沖縄では米軍基地から「FM放送」を聴くことができる

今までは 好きな音楽をかけて職場まで職場に通っていたが

修理に出したため 代車のFMの英語放送を聴きながら通っている 何を話しているかはてんでわからないが 時折かかる「曲」がいい

聴いたことのある曲が流れる それもとても好みの曲 でも曲名がわからない

新しい曲もある そっか…こんな歌い方もあるわけだ。とか思う

たしか 曲の一部を認識しただけで 曲名を見つけてくれるソフトがあったと思うが 私のスマホにはそれは入っていない

だから1度聞いたら その時間楽み 過ぎ 忘れ去っていく

 

「時間」とは本来こういうものだ と自分に言い聞かせる

 

どんな楽しい音楽も どんなに大切な時間でも 「時間よ止まれ」と言っても

止まりもしないし 戻りもしない

ラジオはそれを教えてくれる

 

音楽は流れるモノ しかし反復して聴くとドンドン 当初の感動を忘れていく

ギターの弾き方がどうの ドラムの打ち方はどうの…とか 細部の方に気が行っていまう だから 反復は「良し悪し」だと思う

 

宮崎駿が言っていたっけ…「うちの子が毎日トトロを観ているんですよ」という言葉に対し「勘弁してくれ」と。 ルーティンという繰り返し 日常 と 感動は反りが合わないモノではないかと思う

 

今日の帰りの車のあの曲 また聴きたい でも 聴けない

時間というものは どんな些細なことも 2度繰り返すことはないから


www.youtube.com

この曲を聴いたわけじゃないけど こんな気分で歩けたら楽しいなぁ…

明日から3日 また名古屋。

「異質の者」

2021年02月23日記事

AURA(アウラ)~魔竜院光牙最後の闘い~というアニメを観始めた スタッフ紹介は今のところ第1話のみ 今まで3話まで観終えたがスタッフロールどころか主題歌もエンディング曲も無い
3話までのストーリーもアニメの題名とは全く異なり 主人公の高校生少女は「佐藤」という名字で新学期早々1週間登校して来ない 同じクラスには同じ「佐藤」という名字の少年がおり 机に教科書を忘れたことに気づき 夜中 学校に侵入し教室に向かおうとすると 階段の踊り場でオモチャじみた長大な杖を握りしめ魔女のようなローブを身に着けた少女が立っている 見慣れないその風貌からその少女は佐藤(女)ではないかと少年は推理し始める 持っている杖のスピーカーからは「竜単子を発見 リサーチャーは速やかに・・・」などと訳のわからない言葉が流れ それに少女は応答するように意味不明の言葉を発する 
つまり マトモな目では「頭が完全に逝ってしまった厨二病少女」であり
医学的に推理すれば妄想型の「統合失調症」に該当するかもしれない
同姓である一方の主人公佐藤(男)も マトモな相手ではないと感じながら関りを持ち始める
翌日から 佐藤(女)はローブを着 杖を携えたまま登校してくる
むろん周囲の生徒たちは驚異の目を見張る
こうして学校生活の日々が始まるわけだが 現段階ではSFの要素も無いし 竜も出てこない
ただ 厨二病的少女に興味を抱き味方をする生徒たちと 制服規則違反「キモイ」と言って排斥しようとする生徒集団が徐々に顕在化し イジメにまで発展してゆく・・・

今後どういう展開になっていくのかはわからない

ただ何となく「涼宮ハルヒの憂鬱」に雰囲気が似ていなくもないので 涼宮ハルヒファンには一見の価値があるかもしれない

・・・と第3話まで観ただけで何故か書きたくなった それは表題にした通り

なぜイジメが起きるのか なぜ「厨二病」などど定義づけて蔑視するのか 自己と意匠の異なる他者をどうしてここまで排斥しようとするのか・・・不思議に思えたのだ

これを「差別」というのだと分かっている

アメリカの場合は「人種差別」である
中東の場合は「イスラム教内における宗派差別」
アフリカの場合は「部落差別」だったりする
中国 イスラエルその他諸々の国々・地域を想像すると「色々な差別だらけ」というのが人類の一つの様相である
さて 日本の場合は何という差別だろう 私が考えるに「村社会型差別もしくは五人組的差別」
つまり古来の「単一民族意識」を基盤とした差別感がそのまま残っているような気がする 

「差別とイジメ」は人間社会のいたるところ 世界で当たり前のように起きる

私は中学校指導要領「道徳」について批判的な記事を書いたが 総論では理想を高く掲げてはいるものの「村社会的人間関係」や「貧富の格差」「ひきこもる生徒の実情」「若年層の自殺」という日本社会の患部について一言も触れていない それに触れずして「生きる力」も無いもんだ(う。もう教科「道徳」の話はしたくない…)これじゃ机上の空論といわれても仕方がない 教壇という少し高い場所から生徒を見下ろし 理想論や「道と徳」をペラペラ言葉で伝えて一体何になると? 「村社会時代」と何も変わらない イジメを本気で無くしたいなら「なぜイジメが起こるのか」「なぜ人は差別するのか」という患部に直接メスを入れなければならない そして子供自身に考えさせる姿勢が必要となるが 「イジメを行う者ほど 内省しないし 深く追求しない」というパラドクスが当たり前のように存在している

その点に於いては学校教育よりもアニメの方がはるかに役に立つと思った

kei

「毛」との闘い②

なぜ「毛」に拘りだしたかというと

①耳毛が伸びる

②眉毛の相当の部分が白髪に変わり それも黒毛よりも長く太い

これらの問題解決に当たるため 一つの方法として「脱毛」を考えた

んでコイツである

耳などデリケートな部分は 塗りすぎると焼けるように痛くなった

実験的に脛にもやってみたが こちらには痛みはない

 

痛みは無いものの 2日後「平然とまた脛毛が生えてきた」

 

なのでこのクリーム。 表面だけの毛を失くすだけの効果しかなく 毛根には一切効果が無いことがわかった

感想としては Let it be   …勝手に生えるものは仕方がない

 

kei

 

「二つと 無きものでさえあれば」

路傍の石』という1937年 山本有三によって書かれた小説がある 主人公は「吾一」

才を持ちながらも 高等教育を受けられず 小学校卒業後 新聞会社に勤め 字を覚え立身出世していく物語だが 作者の意志によって未完に終わったらしい …というのも作品を読んでいない ただ主人公吾一が語る言葉に「『吾一』というのはね、我はひとりなり、我はこの世にひとりしかいないという意味だ。たった一度しかない人生をほんとうに生かさなかったら、人間、生まれてきたかいがないじゃないか」というのがある

NISAだ 老後の資金だとか 年金だとか…身近なこととして記事を読むことがあるが 私自身の中で「強い反発心」が胸の深い部分で起こっているのがわかる 30年以上共に暮らした家人のことを考えると反発心は弱くなるのも確かだが…

 

やはり 「本末転倒」なのだ フロイトが何を言おうと「人は生命を維持するために生きているのじゃない 自分を生(活)かすために人生がある」と思いたい

山本のこの著作の題名は「路傍の石」即ち「道端に転がっている石」だ

それは吾一=路傍の石ともいえ 「私」という自我がない限り 人はどんなモノでもいい

近頃 時々ここでも書いているが「自分は自分という体を借りているだけ」という感覚が絡みついていて なかなか外れない

「持ち家と借家 老後は持ち家がいい」とか載っている記事が結構あるが 自分自身が「借家」なのじゃないかと思っているわけだ

 

誰から借りたのか? そんなことはどうでもいい

 

「自分が自分の持ち主である」というのは「自惚れ」引いては「幻想」かも知れぬ と今は思う 持っているにせよ 借りているにせよ 大同小異どころか 本質の部分は変わらないと思う

 

私は私の王ではない

私は私の全てではない

「私」という意識=自我が本当にあるのかどうかもわからない

人が動物の一種であると考えるのなら「自我がある」と誤った幻想を持ってしまったのが人間

私は空でも 海でも 石でも Youでも Weでもいい

ただし ただ一つしかない

同じ石が一つとしてないように

どうであっても 私は一つしかいない

kei